【蒙古斑】赤ちゃんあざの謎。

こんばんは。

昨日2時間高専女子トモダチとだべったえくらっとりでございます。

昨日だべったのもかなり癖の強いお友達でして。

大好きなんですけれども。

男に勝る男らしい女の子で、わたしゃあのサバサバ具合と考察のdeepさに惚れてます。

その子とものすごく盛り上がり笑いまくった話題を記事にしちゃいます。

                

蒙古斑ってなんぞや

その時初めて 赤ちゃんあざ=蒙古斑 ということを知りました。

ちなみに黄色人種に多い、つまりアジア圏に多いということでヨーロッパとかその辺の人達には認識がないらしいのです。

もし日本人とアジア圏以外の遺伝子さんが混じって、ヨーロッパとかでその蒙古斑が見られると、「虐待⁉」と思われることもあるそうで…

それだけなじみが無い、と。

私たちからすれば、赤ちゃんにはみんなあるし、消える人の方が圧倒的に多い。生まれながらについてるものだから病気でもないし痛くもない。

そんな程度の認識です。

しかもただの色素沈着。

あざって普通そうか。。。

             

でもこれ詳細は分かってないらしいんですよね…

①なんで一部の地域の人にしか出ないの?

②なんで消えるの?

③なんであざなの?

④なんで害も利もないのにできるの?

⑤なんで消えない人もいるの?

ってな具合に疑問が飛び出てきたわけです。

今回は①、④、⑤について主に考察しました。(二人で)(ヨーカドーで2時間)

                

①なんで一部の地域の人にしかできない?

私これを知ったのも初めてで…

人生発見ばかりです。

まず思いついたのが骨格。

やはりアジア人の方が線が細かったり、逆にアジア圏以外の人の方が骨盤が広くて、アジア人は出てくるときに当たっちゃってあざになる…とか。

しかしこの説だと、この赤ちゃんあざが消えるまでの時間と、普段何気なくつけてしまうあざの回復時間の違いに驚愕します。

どんだけ強くついたあざなんだよってな感じ。

しかも出てくるときに付いてしまうあざなら頭とか肩の方が付きやすそう…。

骨格は考えられにくい…ということで次!

                 

④なんで害も利もないのにできんの?

赤ちゃんあざに害を感じる人っていない気がします。

自分じゃ見えないし大抵の人は消えるし消えなくても痛くないかゆくない。

でも利もないっす。

なんなら「ああ、アジアの方の人なんだな」って思われるくらい。

しかも知識がある人じゃないとわからないよね、だって他はないんだもん!

まあ害ないから別にどっちでもいいんだけど、だって消えていくものだよ?

それをわざわざ生まれてくるときに初期装備としてくっつけてる意味が分からない。

なら他のとこにパワー使ってくれ?

風邪ひきにくい体になるように鍛えるとかさ。

                    

赤ちゃんあざの目的がわからない。

ということは自然に付いてしまう、と考えるのが妥当?

本人も親も付けようとは思ってないのだけれど、ついてしまう。

しかもアジアだけ。

食べ物とか…?何か色素沈着起こしやすいもの食べまくってますかね…?私たち…

                    

⑤なんで消えない人いるの?

98%は消えるらしい。

10年くらいかけて。

でも消えない人もいる。なぜ⁉

先ほども言ったように利害なし!目的なさそう!

でもずっと大事(?)に抱えてる人がいる。

ちなみに私の母もそのうちの一人なんですけれど。

そういえばうちの母、あざができやすい。eclatori familyの中ではあざができやすい&色が激しい&消えるまでが遅い。

それだけぶつけ方が激しいのかどうかなんてわかりませんが…

私がバスケしてた頃に作りまくってたあざと同じような青紫みたいなあざの治りが私より確実に遅い。

それと同じように赤ちゃんあざも消えにくいのかなー、なんて。

                 

あざが治りにくい理由としては、女性ホルモンとかビタミン不足だとかあるいは病気、みたいにたくさんあるみたい。

今の所ぴんぴんしてるので病気は無さそう。

しかも本人自覚ありのあざが多いから。

体質なんですかねえ…

赤ちゃんあざある人にアンケート取ってほしい。

                  

しかしあくまで「赤ちゃん」。

幼児の頃とか小学生の頃とかの生活習慣が大きいのでしょうか。

謎です。

             

高専女子友と話したときは、「赤ちゃんあざ消そう!ってのが機能として元々あって、それを付け忘れちゃった人が本当に本能的、機能的に赤ちゃんあざを消し忘れるのでは?」的な妄想もしました。

でもそんな機能あったらもはやあざ無さそう。

あ、その機能が結構働く人はアジア人でも赤ちゃんあざが無かったりするのかな?そしてアジア以外の人達はそれが働きまくってる?

もう「個人差です!」ってなっちゃうじゃん!

悔しい。わからん!

                  

結局なんやん、赤ちゃんあざ

私の親族にはアジア人、いえ、日本人しかいませんので赤ちゃんあざはもう地球上の全員にできるものだと思ってましたし、できる原因などなど考えたこともありませんでした。

調べてもまだわかってない、的なことが書かれてたので今後の発展に期待。

いや、考えれば考えるほど寸詰まりますねえ。

でも「赤ちゃんあざ無くなったねえ」という瞬間を見て親はどう思うのでしょうか。

「よく育ったねえ」という感情に襲われるのでしょうか。

そこらへんは分かりませんが、地域的に見てもできる人できない人がくっきり分かれるというところに人間の神秘を感じます。

謎ですねえ、ワクワクしますねえ。

こんな人間の神秘シリーズ、続けていければと思います‼

                  


Twitter

Please follow me!

                   

YouTube

Please subscribe my channel!!

                    

結局なーーーーんにも解決しておらず。

いいんです。これでいいんです。考えるというアクションが一番大事!

それよかネタが濃いね、高専は!

         

えくらっとりとは(Who is eclatori?)

おすもう、進撃、鳥、新選組、ばん馬の餌食になってる高専生です。

I love Sumo, Birds, Shinsengumi(Japanese samurai group in 1800s) and Draft horses.

Now, I go to the Technical College in Tokyo, I aim for an Engineer.

Let’s enjoy with my contents!

Kiitos!

コメントを残す