【留学】私は本当に大丈夫なのか。-不安に駆られつつも何もしない留学への日々。

えくらっとり、戻ってきましたー

ようやくクレープから解放されまして…(文化祭でクレープを出していた)

なんとか生存していますがブログも編集も進まずここからの挽回が期待されます!

            

さて、留学です。

出発まであと10カ月弱となりました。

私は…

まったく… (ノД`)ハァ

飽きやすくハマりやすい所が仇となっております。

我が心の再確認にマイリマショウ。

                   

基本事項

フィンランドへ1年間。

高専を休学するか休学しない制度を使うか迷い中。

とにかくフィンランド語はできない。

この前英語の手紙を「グーグル翻訳ですねえ」と言われたレベル。(黒歴史)

とにかく書類系終わってない。

気持ちの整理なんぞついていない。

             

おお。

攻めております。

攻めすぎ。

               

行く理由

アクティブになりたかったのでしょうか。

憧れでしょうか。

世界を体感したいからでしょうか。

           

はっきりした理由も無いまま決めたのでしょうか。

そこすら覚えてないんです。

思えば高専を決めたのもそんな感じ。

特に大きな理由や夢もなく高専に決めた私。

「なんで高専にしたの?」

と聞かれるともう何も言えないんですわ。

束縛時間が少なくて自由にやらせてくれる。

それが未来の自分につながると感じた瞬間があった。

こーんなこと、なーかなか口で説明するの難しくてですね…

               

あ、話がそれました。

留学もこんな感じで決めました。

確か。

ずっと日本に居ても見えるものも見えないし、何より大きいのがYouTube。

旅動画、海外YouTuberの動画、大好きでしてそれへの憧れがとっても大きい。

皆さんアクティブではきはきしてる。

自分に足りないのがそこ

                    

留学に行く子は(もちろん全てでは無いけれど)明るくて気さくな子が多い。

そうなるのも自然な流れと言えばそうで、留学にコミュニケーションとガツガツ行く精神ってばちクソに大事。

                     

さて、私はと言うと…

バッチバチにコミュ障。

人見知り、しゃべらない、緊張しい。

              

こんな性格でも1年間病まずに生き延びることができるのか証明したい。

陰気な私がアクティブで前向きな気持ちで日々前進できたら。

毎日もっと楽しいのではないか。

そう思うようになったのはつい最近。

留学を決めたころでした。

           

高専に入って

小学校の頃はもちろん、中学校の頃も留学なんて考えたことも無く、逆に母に英語キャンプに入れさせられそうになった時には泣いて抵抗したレベルです。

それが急に自ら「留学する」「北欧行く」と言い始めるとは…

自分が一番びっくりです。

               

考えが変わったのはジュケンが終わってから。

受験って人を落とし込めます。(個人差アリ)

私のトモダチも病んだ。

自分も塾で箱詰め勉強して苦しかった。

なんでこんな楽しくない勉強をみんな何も言わずにやっているのだろう。

こんなことばっかり考えてました。(病)

思えばそこが出発点かもしれません。

                 

そして高専に入学。

5月くらいに留学説明会がありました。

母に言われて行ったんです。

今までの自分なら行かなかったと思う。

             

でも行った

                

それはさっき言ったYouTubeの影響も大きいし何より変わりたいと思った。

今の自分がとても嫌だった。

自分からしゃべれなくてついネガティブになってしまう。

                 

短気なのは遺伝のせいで周りからチャンスを与えられるまでやろうとしない。

クソみたいな自分に気づいたのもジュケンが終わってからその説明会までの間。

ここらで一発世界をかましてみるか、と心から思ったのだと思う。

高専でトモダチと仲良くなるたびに「やっぱ留学しなくても…」と繰り返し思うし、まず日本語ですらうまく気持ちを伝えられないのにどうするの?なんて毎日思う。

                   

でもこのネガティブな自分とおさらばして、まずは日本、そして世界を旅したい。

今はそれが夢です。

(ちょっと前までは自衛隊に入りたかった。)

              

なぜ北欧・フィンランド

行きたい国も定めないまま応募しました。

とにかく海外に行きたかったから。

             

ただ、海外経験一切なし!

正確には5歳の時に2泊3日の韓国旅行のみ!

         

怖い。

そんな中浅浅な知識でも知っていた「北欧って安全なイメージ」がリードしました。

                      

そしてフィンランド。

日本語、英語に続いて全く違う種類の言語の習得という新ジャンルの開拓に興味がありました。

                          

さらに雑貨!

私pulloが大好きでして(フィンランド語で瓶。)

フィンランド雑貨には憧れしかありません。

いやあ。

雑貨屋巡りとかしたいなあ…

                     

フィンランド、普段の生活にはなかなか馴染みが無いと思っています。

将来への視野を広げる、という意味でもより大きな挑戦になると思います。

             

という理由はほぼ後付け。

               

それでも本心。

日本とは全く違う環境で1年間。

楽しくないわけない!

理由なんぞ後からついてきます!

(誰かが言ってた気がする)

              

さて、多少気持ちが上向きになったぞ

今、なかなか難しい時期だと思っています。

まだ実際に行くわけでも無いけれど語学的には一番時間があるとき。

留学選考試験からもかなり経過していわゆる中だるみ?

              

だからこそ余計なプレッシャーを感じてはいけません。

と私は思ってます。(注:このブログはまだ体験談ではありません。)

                   

ストレスなんぞ華麗に回避して楽しい生活を送ること。

せっかく付いてる表情筋を精一杯使って生きること。

それが後々良い方向に響いてくることを祈って…

踏ん張りましょう。

                        


eclatori

                  

Twitter

Please follow me!

                      

YouTube

Please subscribe my channel!!

                     

ぬーん。
それにしてもどこかに行きたい。
(でもほんとについこの頃まで出かけるのが嫌いだった…またいつか記事にします。)

                  

Who is eclatori?
おすもう、進撃、鳥、新選組、ばん馬の餌食になってる高専生です。

I love Sumo, Birds, Shinsengumi(Japanese samurai group in 1800s) and Draft horses.

Now, I go to the Technical College in Tokyo, I aim for an Engineer.

Let’s enjoy with my contents!

Kiitos!