【プレゼン】振り返り、嘆き、次につなげる私のプレゼン成長ブログ-無事、爆死。

なんと…なんとクラス順位前期末1位を取ってしまいました、えくらっとりです。

怖いのは前回1位だった彼が今回も以上になるまでの点数を取って周りを沸かせていたのにも関わらずなぜか私がしゃしゃり出ているという事実。

同率がいるのかが分からないのでなんともですが…

この感覚と結果の差異に関してはまたブログを書きます。

             

今日の本題

マイスター(自由に考えて工作しちゃってねえ、予算出すからとりま動くやつ作っちゃって!の回)の作品概要発表会でございました。

タイトル通り、もやもやしたものが残っているえくらっとりであります。

             

まず、私には緊張しいというくっつき虫がいつもくっついています。

その性格を踏まえた上でプレゼンや発表の時に必ずクリアしようとする項目がいくつかあります。

こちら。

①とにかく前を見る
②はっきりしゃべる
③表情筋を使う

内容等々はいかに前調べをしたか、考えたか、そして練習したか、です。

この3つは確か中3の何かの発表で心に決めた子たち。

今日は…どうだったのでしょう、えくらっとり。

               

心につっかかる何か。

今日はダメダメ。

しかも私一人ではなくチームでの開発で、私がなぜかリーダーをやっているので私がパワポを作りしゃべったと。

ぬーん。

こればっかりは慣れ、というか気持ちの持ちようというか…

良い経験をさせてもらいました。

             

練習が足りなかったこと、そして自信が持てなかったこと。

さらにひょんなことから一番最後の発表になってしまったのです。

もう焦り要素がばっちりそろっています。

          

それだけじゃない。

マイクを通すと自分の声って豹変するものじゃあないですか。

もともと自分の滑舌の悪さと声質が大っ嫌いです。

それにプラスしてマイク。

これまた焦ってしまったわけです。

             

その焦りで硬直したえくらっとりは表情筋ロックをかけ、まぶたが上を向こうとしなくなりました。

はあ。

                    

どうすりゃいいんだろ。

周りのチームは大抵ガチ勢なんですわ。

頭の回転の良さとユーモアと経験と技術のどれかが突出しているためプレゼンがおもろい。

そんな発表をさんざん見続けた結果。

硬直したわたくし、えくらっとりでございます。

             

高専とはなんともヲタクな学校でございますから、憲法も違います。

(同じです。)

感覚の違いと言いますか、ここまで思いつめる必要はないのです。

            

次頑張れば良い。

毎日発声気にして生きれば何か変わるかもしれん。

表情筋使わないともったいないしな。

それに周りにはハイレベルな人がたくっさんいる。

吸収できるとこは奪っていく。

学びの基本です。

                 

あからさまですけど、最初はこんくらいガツガツ思っておかないと染みつきません。

しつこくトライ。

プレゼンもビビってちゃ何もできないんスわ。

なんともビビりとは気難しい。

               

でも一番大切なのがその場を楽しむ気持ち。

楽しむということこそがその場その場の原動力になります。

イチイチもんもんと考えて過ごすより、キャッキャッっと心の中だけでも思っていれば楽しいもんでしょ。

                 

疲れやすさもこの考え一つで改善できそうですが…

留学までに毎日楽しみ切る術を身に着けたいものです。

                

今日はこの辺にしときましょう。

さんざん懺悔になっちまったぜ…

ちょっとずつ克服していくぜ!シャイガール!

              


えくらっとりの修行は続きます。

                   

Twitter

Please follow me!

                   

YouTube

Please subscribe my channel!!

                      

楽しみつつガンバる。
ちょっとずつですよね…

                 

Who is eclatori?
おすもう、進撃、鳥、新選組、ばん馬の餌食になってる高専生です。
I love Sumo, Birds, Shinsengumi(Japanese samurai group in 1800s) and Draft horses.
Now, I go to the Technical College in Tokyo, I aim for an Engineer.
Let’s enjoy with my contents!
Kiitos!