【なぜなぜ】夢見て生きてるだけなのに-今日を振り返るブログ

セッパ詰まっております、えくらっとりです。

なんとも奇妙な生き物です。

えくらっとりという人間は。

自分の通いたい学校に行き、自分の好きなことに時間を割いているというのに疲れ果てて愚痴をこぼす毎日。

なんとも苦しい日々。

と思ってしまう自分。

悲しいかな…

           

やりたいことをリストアップしてるだけなのに

そう。

やるべきこと、やりたいこと、アイディアを忘れんごと紙にもそもそ書いてはそれを保管する毎日です。

しかし時間は限られてきます。

予想以上に勉強に時間がかかったり予想外の事件が起こったり。

予定通りに進むはずがありません。

ついついTwitterスクロールしちゃったりね。

甘いっすわあ…

          

書き出したことは「やりたい」「やんなきゃ居てもたってもいられない!」ってものばっかりなんです。

でもやらん。

そして母に「疲れたねえ」とこぼし「ほえ?」と言われる。(母も疲れている)

            

矛盾矛盾矛盾

訳が分からん。

この矛盾が私をストレスに追い込んでおる!

              

気が向くままに生きてるだけなのに

私、理論的な人間と見せかけて結構ふわふわっと生きてるタイプです。

確かに自分のアクションに対してどうしても理由を付けないと気が済まない瞬間もありますし、理論的に考えて物事を進める人間は見ていて「おお。すげえ」と思います。

           

ただ、最近

ホントに面白い人間は自分の感情に嘘をつかねえ

ということに気が付きました。

             

数字的に物事を測るとか、しっかり目的立てて方法考えて達成までの管理を怠らずに何かを進めるとか。

かつてきっちりタイプの人間に近かった私は今以上に疲れ果てていました。

しかし色々な人との交流を通して適度に考え適度に感情にみを任せることの大変さを実感しました。

理論立てて考え行動することって意外と楽なのです。

考えるだけだから。

でも応用が利かなかったり、完璧主義に頼ってしまう一面がある。

それじゃあ面白い人間にはなれないな、と思いました。ふと。

                    

今までこんな感じで生きてきたので少しアレンジを加えていけばなんとなーくその理想に近づけるはず。

今その真っ最中です。

            

感情に身を任せる、これって直感を信じる、ということだから慣れるまでに時間がかかる。

予想をつけにくいから難しく感じる。

               

こーんなに考えてる時点で私がまだまだ面白い人間ではないことが想像できるでしょう。

           

一緒にいて楽しい人間って何かなあ、と考えた時に、

会話のテンポが良い
ちょっとした間を楽しめる
知らなかったことと出会う
表情筋を使う

この4つが頭に浮かびました。

            

これ…

今の私、なーもあてはまっとらんげ!

そう思う度に「ああ、頑張らな」と思うのです。

               

気が向くままに

これが自分の今までのルーティーンと違いすぎて私は今、

疲れています!

            

ブログを書いているだけなのに

はい。

書きました。

自分でも感じる。

これ、需要あるけ?

成長の過程としては良いと思うけど。

もう少し早く書けるようになりたい。あらまた欲望が…

          

読んでくださる皆様の生活にちょっとしたfunny essencesを投入したい。

そんな思いでえくらっとりは頑張ります。

               

おやすみ!(早い)

                


YouMore精神!

                     

ああ、そうじゃん。YouMoreって大事よね!
うん。すごく好きな言葉!(本文で言いなよ)

                

Twitter

Please follow me!

                 

YouTube

Please subscribe my channel!!

                    

Who is eclatori?
おすもう、進撃、鳥、新選組、ばん馬の餌食になってる高専生です。
I love Sumo, Birds, Shinsengumi(Japanese samurai group in 1800s) and Draft horses.
Now, I go to the Technical College in Tokyo, I aim for an Engineer.
Let’s enjoy with my contents!
Kiitos!