フェアリースズとヒロインズカップ * みんなかわいくかっこよく

重賞の重みと牝馬のかわいさ。

これが融合してしまったらもう…

愛おしさで何かが弾けて飛んで行ってしまいますね、私の中の何かが。

実際ココロは爆発寸前の所、スズちゃんのしっぽぶんぶんによって現世に呼び戻されてきましたが()今回の牝馬重賞も最ッ高のレースでしたね!(熱)

*ヒロインズカップまとめ

細かい柄、もう少し勉強してちまちまと書けるようになりたいものです。

ヒロインズカップ、乙女たちの闘いが今年もばんえいファンをアツくしました。

馬たちはどうなのでしょうか、やっぱり牝馬重賞、牡馬重賞となってくると「今日はオンナばっかりね?」とか「オトコしかいねーじゃねーの!」などと思ったりするのでしょうか…?この辺り、ぜひ馬🐴になって確認してみたいものです。

さて、フェアリースズの重賞制覇。

血統やばんえいの歴史などなどに詳しくない私ですがTwitter等でモロモロ拝見いたしまして、いかに彼女がお嬢様かつ優等生(?)かつやんちゃであるかを知ることができました。

あの尻尾ブンブンもそれ故…?なのかは分かりませんが、こうしてばんえいの歴史にまた1つ、ユニークな癖を持つかわい子ちゃんの名前が残るのはなんだかとてもうれしいことな気もします。

お姉さまやお母さまもとても有名だそうで…

スズちゃんも7歳。いいお母さんになってまたかわいい&ハイカラ()な子が生まれたら楽しいなぁ、なんて先のことを考え始める早とちりがここにいます。長く競馬場で見れたらうれしいし、うれしいのだけれども、その先のことを考えるとそういっているだけじゃあだめ。彼女たちの馬生はまだまだ長いことを頭に入れつつ、近くで頑張りを見れられる幸せを存分にかみしていきたいものです。

(実際推しを目の前にしたらそうできるかどうかは言っていない。)

☝私のような普段滅多に競馬場に行けない人間はきっと現地のあの至近距離で馬を見つめるだけで鼻血噴出、頭の回転60%オフになりますから…

なんとなくスズちゃんは男の子を育ててそうなイメージがあります。勝手な妄想ですが。

*今週は…黒ユリ賞‼

牝馬重賞、続きます…( ̄ー ̄)ニヤリ

なんたる幸せ‼しかも今週はまだピッチピチの一年生の闘いと来た‼

黒ユリ賞、2月14日(日)10Rの18:25発走予定ですよ‼お見逃しは許されませんぞ!

☟ばんえい十勝公式サイトより(黒ユリ賞)

https://www.banei-keiba.or.jp/race_grade_detail.php?id=116

名だたる名牝たちが制覇してきた明け3歳の牝馬重賞…

先日行われた明け3歳の牡馬重賞「翔雲賞」に続き重賞タイトルをゲットするのはどの馬か…⁉

さっそく滾り始めております。

☟翔雲賞まとめ

さ、今週もほどよくばんえいを楽しもうではないですか…‼(テスト週間は一旦忘れる)

☟今回のサムネイル。(日曜日に投稿しましたイラストでは、「BG2」と記載しておりましたが、正しくは「BG1」です。くぅぅ…校正の必要性を再確認いたしました。以後間違いのないよう、より丁寧に作成してまいります。ちょっとずつレベルアップしていく様を見届けていただければ…幸いです。)