第56回岩見沢記念/コウシュハウンカイ、2連覇。

2連覇達成。しかし3連覇はない………(はかない

コウシュハウンカイが貫禄を見せつけての勝ち。

これまで絶好調で重賞を獲得してきたミノルシャープがお熱。7頭による四市重賞二つ目の岩見沢をトップハンデながらも障害の巧さ、最後の粘りで魅せてくれました。

これでウンカイさんは岩見沢記念2連覇、15個目の重賞制覇となりました。通算勝ち星はこれで50です。(スゴイ)

どうにかしてこの時代を感じるフォントを再現したかったのです…

このなんとも言えない昭和感ッ!デコトラとかにプリントされていそうな雰囲気ッ!!

ちょっと時間足りませんでした。

さて、2019→2020と連覇達成したウンカイさんですが…その一つ前、2018の岩見沢を獲ったお方…

そう、マルミゴウカイさんでございます。(お名前が少し矛盾してる感じがとても好き。丸いの?剛なの?)

ただいま休養中、お元気な姿を競馬場でまた見たいものです。

今回の岩見沢記念、私の中で一番記憶に残っているのがタカシマさんの2着。ウンカイ先輩に負けじ劣らずじりじり歩き、差を詰め、最後ターボをかけたように見えたあの粘りは!…本当に浪漫溢れるものがありました。

810も持っていたのをレース後に知りまして、驚愕いたしました。さすがタカシマさん。このオープンのメンバー、かつ紅一点という状況で2着をさらっていくとは…今後に期待!ワクワクすっぞ!

最後にこの人たち。

1めごっち、2マサルさん、8センゴク

速いけど遅い人たち。

めごっちのはやめはやめの仕掛けにはいつも「おっおっ行っちゃう⁉このままやっちゃう⁉」とドキドキさせられてます。今回は膝折りでしたが。

1トンもあるお馬さんたちでも(この人たち1200㌔くらいあるし)ビビる第二障害。伊達じゃないぜ…(小並感)

ウンカイさんラストの年。

今年こそ大一番を…大一番を…と願ってやまないファンも多いはず。

くうううううううッ!3月が待ち遠しいぜッッ!(早い

…3月は一旦おいておいて、今日からのばんえい競馬、日曜メインは4歳重賞路線2つ目!銀河賞!アツい4歳戦、見逃せないぜ!